虫の知らせの話。【後半】


脱線してしまった。


夢に妹が出てくるなんて良いな

自分の夢に何で最近めっきり出てこないと父母は言う。


自分は逆に心配になって

わざわざ夢に出てくるのではと思う。


またそんなことして、

店のほうきを思い切りGに叩きつけてはダメだとか


彼女の忘れ形見の犬にコラと叱っている時に

そんなに彼を怒るでないとか


機械相手にフェイントをかけてもダメだとか

あれ以来確率機には手を出してない本当だ


自分で自分が心配になってくる。


さらに脱線してしまった。

虫の知らせの話。


ど深夜にその高解像度のGが出てきた

直後に大きな物音が階下から聞こえてきて

ザーーという音がする。


猫が踏み台にしたゴミ箱が倒れ、

ドミノのように隣の容器を倒し

中から米がザーーと流れ出たのである。


髪の毛やら埃やらか混じってしまって

どうにも救えず、眠気と戦ってる

この時間を一刻でも早く終わらせるために

掃除機で吸い込むことを決意したが


今日に限って掃除機がピロピロと

点滅し、いい加減ゴミを捨ててくれと言う。


生米の少しくらい吸い込んでくれと思うが

何だか恐ろしい音を立ててるし


自分のイライラもピークに達していて

叩き起こされて母も不憫だが

フィルターを付け替えることによって

何とかことなきを得た。


原因を作った猫は嫌な気配を察したのか。

全て終わる頃には台の上から消えていた。


朝起きたら全てを猫にぶつけ

モフリまくる。


犬だったらこうはいかなかっただろう。

可哀想に、少し多めにご飯をあげたい。


猫が米袋を倒すことが

高解像度Gの虫の知らせだったのか


そろそろ、やれやれと妹が現れるぞ

という知らせだったのか

わからない。


だけど次回はもう少しモザイクかけるとか

何とか考えて欲しい。


虫の知らせに関しては

編集済み番組が良い、生放送はダメ。


そんな日。


虫の知らせの話。【前編】



先日ゴキブリを倒した話をした。

Gを倒すメリットは、もちろん

今後同じものとは出会わないことだ。


ふと忘れた頃にトイレの洗剤裏に潜んでいたアイツと、

相対することがないこと。


もちろん別の個体とは出会う。

それは本当に悲しいことだ。


デメリットは……

デメリットとはと思ったところで気づいた。

この話をしようと思ったきっかけだ。


トイレの扉の裏に潜んでいたアイツは

夢の中に出たのである。


自分は虫なんて特に苦手なので

目に焼き付いて離れなかったのか


いやに解像度高く現れて

心臓はドキドキするし

真夜中とは言え目なんか

冴えに冴えてしまった。


寒いと良くないと消した冷房さえ

早く利いて欲しいと願うくらい

暑くなってしまった。


結局奴を倒そうが倒すまいが

奴と相対して目に焼き付けた時点で

負けてしまっていたのだ。


もう、こう何というか、背中の艶とか

足に生えたトゲとかそういう

ほんとそういう、

みょんみょんと動く触角だとか


尻尾みたいなトゲとか

尻尾みたいなトゲ?

そんなものが本当に生えてるのか

怖くて検証できない。


ほんとあの一瞬でよく見てるな。


ともかく全てがはっきりと見えてしまって

そのくらいの解像度で夢の中に現れた妹も見せて欲しい。


変にボヤとして、もうまた変なことしてと

彼女は言うけれど


思えば自分は彼女の前では変なことばかりしている。

そもそも姉には向いていないんだ。


自分はバツ悪く俯いているのか

鼻先から上は霞がかかったように

いつも見えやしない。


ひどいあんまりだ、あんまりすぎる。

また妹に会えたら何が話せるだろうか。


辞めたければ辞めれば良いんだ。

自分みたいに芋虫のようになっても

なんとかなっているし。



後半に続く。


ラーメンが食べたい話。



あなたさへ 良ければどうか その味玉

私の皿に のせてください


ついラーメン食べたさに一句詠んでしまった。

人様の味玉を狙うとは、ふてぇやつだ。


そうならないために1.5味玉が

あらかじめ私の丼にはのっている。



最近ちょっと夏が終わって

肌寒いような日がある。


殺人熱線のような肌を刺したり

背中をジリジリ焼くような

暑さは無くなったけれど


それでもまだ暑い日はある。

そんな中で時々風をひゅるひゅる

ふかされて金木犀の香りに惑わされてると

ついうっかり風邪をひいてしまいそうだ。


そうして金木犀の香りに嗅覚鋭くしていると

どこからともなく焼肉の香りがしてきたりする。


焼肉屋の通りを超えて

ラーメン屋を通って、先の一句を詠んだ。


お腹空いた、お昼ご飯だって食べたはずなのに

仕事終わりにはお腹が空いている。


割と大きめなGと戦ったりしたので

戦闘本能にエネルギーを使ったのかもしれない。


スプレーを噴射して

動かなくなっても追スプレーして

袋に入れてからも飛び出したりしたら

怖いので追踏みして


なぜそんな執拗にと思ったりもしたが

それでもやっぱり奴は怖いのである。


そんな思いをしたので

ラーメンくらい許されたいと思いながら

ひとりで食べるラーメンを想像してみた。


最近気づいたことがある。

ひとりで食べるご飯はふとした

物足りなさがじわじわ湧いてくると言うこと。


あれは美味しいこれも美味しいと

言うことは相手いてこそ出来るもので


いつかひとりで、

猫たちはいるだろうとしても

この家に住むのは寂しいだろうなとか

しみじみ考えてしまった。


しょげたり、緊張したり、

しみじみしたり色々思う日だった。



そんな日。


念願の話。


手芸屋さんに行って気に入った編み図があっても、

大抵は編み図に必要な毛糸を買った方にプレゼントしていますと書かれている。


シンプルなものだったら、

ムムとにらめっこすれば

なんとなくどんな編み方をしているか

わかるようになってきた。


ただ見てわかったと思ったところで

やはり編み図通りに編んだ方が

完成は綺麗なのである。


どこで出会ったのか忘れてしまったけれど

しばらく自分は小魚ポーチの編み方を

探していた。


キットには入っているのだけれど

ひとつ700円近くする毛糸をふた玉も

使うのでなかなか悩んでいた。


そしてどうしても欲しかったその編み図を

ついに手に入れた。


夏毛糸なので割引きになっていたのもある。

ただキットにしか入ってないかと

思っていたので、


キットでなくても毛糸さえ

購入すれば貰えると教えてもらい

わくわく買ってしまった。


よくよく考えれば、

100均の毛糸を買ったところで

そのくらいの割引分買ってしまうので

もっと早く尋ねてみればよかった。


わくわくと帰宅する道すがら

出てきた道と違う方向を歩き始め

充電も一桁になり


行きに迷子になった疲れも出てきて

半分泣きそうにはなっていたけれど

なんとか帰宅できて良かった。


そんな日。



そして完成品がこちら。

黙々と編んでしまった。素晴らしい。

f:id:his_tem:20210914073955j:plain

すべての道はローマに通ずる話。


彼は歩いている。

迷いなく、確固たる意思と共に。

木々は揺れ、風が巻き起こり

地を這い砂埃を踊らせる。


わたしは見ていた。

彼が歩む姿を。

彼は一体どこへ向かっているのか。


彼はどこへ向かっているのか……






どこへ向かっているんだろうな。


代わり映えしないようなルートで

清掃しているが時たま事件が起こる。


トカゲが出たりダンゴムシ

群生していたり大小様々ある。


公園のトイレは公園入り口にある。

のしのしと公園を大人が目指すなら

トイレかと、それは安直過ぎたようだ。


公園奥は木陰になっている以外何も無い。

では彼はどこへ向かっているのか。


わたしは彼を見つめた。

しばらくすると彼は公園と

建物の境の柵に手を掛け乗り越え

元の世界(職場)へ帰って行った。


奥の木陰の先は別の建物に続いていたのだ。

どこにだって道はできる。

探そうと思えばどこへでも。


すべての道は職場に通ず。


この辺は回り道するとかなり遠回りになる。

そういうショートカットは

少しでも休憩時間を有効活用しようという

大人の知恵なのだろうか。


存外スーツで公園を進んでいると

目に留まるものだという発見。


暑さも冷めやらぬ

そんな日。



9月が始まってしまった。



最近始めたことの話。


そして三日坊主で終わりそうなことの話。

刺繍を始めた。


布に接着芯をつける作業を母さんに

頼んでしまったために後戻りができないが

最近進んでなくて困る。


やっぱり編み物みたいな

何かしながらでもある程度進むものの方が

向いているんだろうか。


ただ時間がある時にまったりやりたいのは

刺繍の方な気はする。


秋が終わる前に刺繍は終わらせたいなぁ。

完成品が見たいけども気が進まないリストに

追加されちゃうな。


自分も早くすずらんに花がつくところ見たい。

がんばろう。


そんな日。


f:id:his_tem:20210825054646j:plainf:id:his_tem:20210825054700j:plain


追記

最近ブログかけてないな。

出掛けられてないからか

あんまり書けることなくて困るな。


感情描写と天気の関係の話。


小説では主人公の心理と比例する様な

天気になることが多いって授業で習った。


たしかに、悲しかったら雨が降るし

モヤモヤしてたら曇り空みたいな気はする。


ただ現実で仕事のミスで休日発進することになって

直後にゲリラ豪雨なんて悲しみが過ぎる。


ゲリラ豪雨で風に揺れる大雨すら見える様な

天気だった。

遠くの視界はかなり悪かったけれど。


とにかく髪も顔もびしゃびしゃで

鼻をすすったら水を吸い込んでツンときたりした。


そもそもミスしなければ

そんな目にも合わなかったんだけれど

なんとも切ない日。


出来るだけミスは減らしたい。

謝って帰ってきてしまったけれど

本当なら帰って良いか聞いてから

帰るべきだったのかもしれない。


今の職場はバンダナは飛んでこないし、

まだ話終わってないんだけど!!って

怒られることもないけれど


勝手に切り上げて帰ってきたと思われてしまうだろうか。

ますますお腹が痛くなってしまった。


帰った頃にはすっかり晴れちゃって

モヤモヤした心模様とは対照的な

晴れ模様にまたモヤモヤって感じ。


ともあれ鍵が開けっ放しでたくさんのものが盗まれたとか

掃除した吸い殻から小火が出たとか

そういうことではなくて本当によかった。


本当によかった。


そんな日。